2009年06月03日

GRADE-6 C O N T E N T S


[総合的な解説]

GRADE 1 から GRADE 5までは、補語が名詞の場合、つまり<〜は、ナニ だ>文を学習してきました。

GRADE 6 とGRADE 7 では、補語が形容詞の場合、つまり<〜は、ドンナだ>文を学習します。

ここでも、主語とbe動詞(am・are・is) の結びつきの学習はとても重要であることは言うまでもありません。ファンクションメソッドでは、be動詞の文を分かりやすく説明するために3つに分類しています。

  (1) <〜は、ナニ だ>文   補語が名詞のもの
  (2) <〜は、ドンナだ>文   補語が形容詞のもの
  (3) <〜は、イる・アる>文  補語が*方位語のもの

*ファンクションメソッドでは方位副詞と前置詞を方位語と呼んでいます。

--------------------------------
クリックしてください。
「英語の九九英会話発想トレーニング」教材 GRADE-6のC O N T E N T Sのサンプルがご覧になれます。

 GRADE-6 C O N T E N T S  

--------------------------------
受講者の方は,「オンライン通信講座受講者用ページ」から教材が使用できます。
オンライン通信講座受講者用ページスポンサードリンク
posted by cominica at 08:16 | Comment(0) | ■---GRADE6---■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする