2009年06月03日

GRADE-18 C O N T E N T S


[総合的な解説]

ここでは to +原形動詞フレーズを学習します。用法として次の3つのものが登場します。
文法ではto不定詞と呼ばれているものです。

  〇名詞(的)用法 〜すること
   I want to eat this cake.
   私はこのケーキを食べたい
   I am able to go there.
   私はそこに行くことができます
   You have to eat apples.
   あなたはリンゴを食べなきゃ
   My hobby is to drive a car.
   私の趣味は、車を運転することです

  〇形容詞(的)用法 〜ための
   I want something to drink.
   私は、何か飲み物がほしいよ

  〇副詞(的)用法 〜ために
   I went there to drive a car.
   私は、車を運転するために、そこに行きました

いずれにしてもtoは方位語で『到達点』を表すので、未来的なイメージとなることに注意してください。

-------------------------------
クリックしてください。
「英語の九九英会話発想トレーニング」教材 GRADE-18のC O N T E N T Sのサンプルがご覧になれます。

 GRADE-18 C O N T E N T S  

--------------------------------
受講者の方は,「オンライン通信講座受講者用ページ」から教材が使用できます。

オンライン通信講座受講者用ページスポンサードリンク
posted by cominica at 10:36 | Comment(0) | ■---GRADE18---■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

(英語で)私は英語を話すことができます


中学英語が英会話の基礎 その本当のワケ 3/6 中1配当第6級〜第1級
-------------------------------
これだけ英語教育を受けてもどうして日本人だけが英語がさほど英語が話せないのか、疑問に思う人が多いと思う。それはアメリカ、つまりGHQの占領政策、ウォー・ギルト・インフォ-ーメィション・プログラムにある。彼らが日本を占領し、憲法や皇室制度を変え、農地改革、財閥解体、教育委員会制度、様々な占領政策をした。しかし英語教育には手を加えなかった
-------------------------------
[お知らせ]

CD BOOK こう聞かれたらこう答える! 英会話トレーニングブック」明日香出版社刊 中嶋太一郎著 CD付き1,470円が、アマゾンの中古書価格で4,500円から7,300円の値段がついています。

  【「オウム返し英会話学習法」(HTML版・音声つき)】

[何年も学習してどうして英語が話せないのか?]

[意味ある単位でとらえる学習をする]から学習時間に応じて語彙が定着し、それだけ英語が話せるようになる。大切なことは「英語の回路を手に入る」ことなのです。
「皆は私を馬鹿にする=make a fool of me」「「皆は私をからかう=make fun of me」の展開を見てください。
ちなみに動詞makeは「現実化」を意味し、今までなかったものを作り出すということです。また前置詞ofは「属性」を表し、meの醸し出す雰囲気を材料とする、ということです。つまり私を材料として馬鹿さや滑稽さを現実化させるということです。
  Don't make a fool of me. 私を馬鹿にしないで!
  They make a fool of me. (ふだん)私を馬鹿にする
  They made a fool of me. 私を馬鹿にした
  They will make a fool of me. 私を馬鹿にするでしょう
  They are making a fool of me. (今)私を馬鹿にしている
  They have ever made a fool of me. 私を馬鹿にしたことがある
その基本的な回路を基礎として学習期間に応じてファンクションフレーズを蓄積していくことになります。
  They don't make a fool of me. (ふだん)私を馬鹿にしていない
  Do they make a fool of you. (ふだん)君を馬鹿するの?
  They are sure to make a fool of me. きっと私を馬鹿にするでしょう
  They may make a fool of me. 私を馬鹿にするかもしれない
  They can make a fool of me. 私を馬鹿にするはずよ
  They must make a fool of me. 私を馬鹿にするに違いない
  They seem to make a fool of me. 私を馬鹿にするようよ
  I remember them making a fool of me. 彼らが私を馬鹿にしたことを覚えている
  They may have made a fool of me. (今考えてみると)私を馬鹿にしたかも
  Do anyone make a fool of you? (ふだん)誰か君を馬鹿するの?
  Who makes a fool of you. (ふだん)誰が君を馬鹿するの?
---------------------------------------

[今日の学習]

「コミニカ中学英語基礎編」中学1年第2級 その2


今回登場するのは、以下のテーブルです。これがここでの学習です。 
オバマ大統領が、Yes, we can.と言っていましたね。

○テーブル助動詞can
table-4

いよいよ中学一年配当の学習が第2級とさしかかりました。
すでに多くのプリントをこなしてきて英語というものがおもしろくなってきたことと思います。
さて、私も昔塾で教えていて経験したことは、この教材は進むにつれて学習速度がどんどん速くなっていくことです。
これはこの教材が英語の発想によって制作されているからです。

前回登場したのは命令形でしたね。これは原形動詞フレーズ(動詞の原形で始まるフレーズのこと)がそのまま命令口調で話されるものです。
もちろんPlease, Let's, Don't, Please don'tといった表現も、この原形動詞フレーズを導くものです。

さて、今回の助動詞canの用法ですが、テーブルを見たらすぐわかると思いますが、とても簡単なものであることがわかります。そして特に注目したいのはこれらが導く動詞フレーズはすべて原形動詞フレーズだということです。
今まで学んできたdon't, doesn'tやDo youやDoes heの後ろに続いたものもこれ、さらに命令形もこれでしたね。

1年・第2級 F 確  認  学  習
課題 助動詞 can 「〜できる」「〜よろしい」

【基本文】
I can speak English.
      私は英語を話すことができます

[1] 「〜できる」と能力をあらわす表現

次の2つの日本文の意味をくらべてください。

  (1) 私は(ふだん)英語を話します。
  (2) 私は英語を話せます。

「話せます」というのは「話す能力がある」ということです。
英語は、このような場合、つぎのようなことばを動詞フレーズの前に置きます。

  I can  私はできる   We can  私たちはできる
  You can あなたはできる You can あなた方はできる
  He can  彼はできる  They can 彼らはできる
  She can  彼女はできる

そして、これらのフレーズの後には、原形動詞フレーズがつづきます。
※ canは主語がかわっても、cansなどにはなりません。

 [英文の生産]
  Speak English   I can speak English.
  英語を話す -----> 私は英語を話せます
  Drive a car     He can drive a car.
  車を運転する -----> 彼は車を運転できます

(参考) 原形動詞フレーズをとる表現はすでに出てきました。これらの文につかわれているのはspeak Englishという原形動詞フレーズです。

  She doesn't speak English.
  彼女は(ふだん)英語を話しません
  Does she speak English?
  彼女は(ふだん)英語を話しますか?

[U] 「〜できない」の表現
「〜できない」という表現、つぎのようなことばを原形動詞フレーズの前に置きます。

  I can not 私はできない  We can not 私たちはできない
  You can not あなたはできない You can not あなた方はできない
  He can not 彼はできない  They can not 彼らはできない
  She can not 彼女はできない

※、can notの短縮形は、can'tやcannotとなります。

 [英文の生産]
  Speak English  I can't speak English.
  英語を話す ----> 私は英語を話せません
  Speak English  She can't speak English.
  英語を話す --> 彼女は英語を話せません

[V]  「〜できますか?」と聞く表現
「〜できますか?」という表現、つぎのようなことばを原形動詞フレーズの前に置きます。

  Can I  私はできますか?   Can we 私たちはできますか?
  Can you あなたはできますか? Can you あなた方はできますか?
  Can he  彼はできますか?   Can they 彼らはできますか?
  Can she 彼女はできますか?

 [英文の生産]
  Speak English?  Can you speak English?
  英語を話す ---> あなたは英語を話せますか?
  Speak English  Can he speak English?
  英語を話す -----> 彼は英語を話せますか?

[W]  「〜できますか?」の応答表現
  Can you speak English?
  あなたは英語を話せますか?
  Yes, I can.  / No, I can't.
  はい、話せます  いいえ、話せません

  Can she speak English?
  彼女は英語を話せますか?
  Yes, she can. / No, she can't.
  はい、話せます  いいえ、話せません
   「コミニカ中学英語基礎編」より抜粋

今まで出てきた以下の表現をcanで使ってみてください。

  play tennis   テニスをする
  play the piano  ピアノをひく
  write a letter  手紙を書く
  make a cake ケーキを作る
  watch TV テレビを見る
 
「コミニカ英作法」
 (1) あなたは、英語を話しますか?  
  < 〜は ドウする文>
  @ あなたは、〜するの? → Do you    
  A 英語を話す      → speak English  
  (完成文)  Do you speak English? 

 (2) あなたは、英語が話せますの?  
  < 〜は ドウする文>
  @ あなたは、〜できるの? → Can you   
  A 英語を話す       → speak English  
  (完成文)  Can you speak English? 

●この教材で学習した子どもたちがどうして英語が話せるようになるのか?

ここにはplay tennisを使った表現展開を紹介しています。

  「コミニカ中学英語基礎編>」
   
[受講生の皆さんへ]
中学1年第2級の学習を進めてください。また上にあげたテーブルの否定、疑問表現はクセになるくらい頑張ってくださいよ。
CDの音声も必ず聞いてくださいよ。
私が、昔塾をしていたとき、生徒たちは日本語が流れたら、きそって口々に英文を言っていたことを思い出します。

「コミニカ英語教材<基礎編>」は、一貫してファンクションフレーズと動詞フレーズを別個にとらえる学習法を展開しています。
ファンクションメソッドは、このようにとらえて学習を進めるから実際に使える語彙が確実に定着・蓄積していくことになります。 

「しくみがわかる」ということと、実際の具体的な文の生産は別次元のことです。「英語の九九 英会話発想トレーニング」では、約3,400の英文の生産が、「コミニカ英語教材<基礎編>」ではそれ以上となっています。
これら2つの教材は「世界水準」で製作されています。

【お知らせ】

※右の項目は「DL-MARKETによる販売」によるものです。
 自由に英語を話すための最短学習プログラム
【自由に英語を話すための最短学習プログラム】The 1st Stage (PDF版)】
ENGLISH-TREKKING教材DLmarketで購入
【定期購読マガジン「英語を自由に話したい」 (PDF版)】
DLmarketで購入DLmarketで購入

 ホリスティックアプローチによる語彙力増強教材
基本的な動詞に焦点を当てその守備範囲と応用範囲を知るのが重要
【日常英会話必須基本16動詞(HTML版・音声つき)】
日常英会話必須基本16動詞DLmarketで購入
【ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版・音声つき)】
ネイティブが選んだ62動詞DLmarketで購入
【「ENGLISH-TREKKING教材」Vol.1〜Vol.5 (HTML・PDF版)】
ENGLISH-TREKKING教材DLmarketで購入

 【ファンクションメソッド中学英語やり直し教材】
【英語の九九 英会話発想トレーニング HTML版】
英会話発想トレーニングDLmarketで購入
【コミニカ中学英語_基礎編_Bセット (PDF版,音声つき)】
コミニカ中学英語DLmarketで購入

ファンクションメソッド英語研究会発行の電子書籍本ダウンロード販売
DLmarketで購入DLmarketで購入DLmarketで購入DLmarketで購入DLmarketで購入
DLmarketで購入DLmarketで購入DLmarketで購入DLmarketで購入DLmarketで購入

ファンクションメソッド英語研究会HPスポンサードリンク
posted by cominica at 05:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■---GRADE18---■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする