2009年06月03日

GRADE-23 C O N T E N T S


[総合的な解説]

英語には、数や量を表す表現が頻繁に出てきます。また英語は特に、数と量を区別して表現するので日本語人にとっては困難なもののひとつです。

今までに登場したsomeは数でも量でも使いますが、ここで登場する次のものは数と量とでは言葉が異なることに注意してください。

   (数)           (量)
  some books, some boys   some milk, some water
  many books, many boys   much milk, much water
  a lot of books       a lot of milk
  ※ a lot ofは数、量共に使います。

  a few books, a few boys  a little milk, a little water
  few books, few boys    little milk, little water
  no books, no boys     no milk, no water

また、ここではいわゆる頻度を表す副詞も登場します。

  always, often, usually, sometimes, never
  いも、しばしば、たいてい、時々,決して〜ない

--------------------------------
クリックしてください。
「英語の九九英会話発想トレーニング」教材 GRADE-23のC O N T E N T Sのサンプルがご覧になれます。

 GRADE-23 C O N T E N T S  

--------------------------------
受講者の方は,「オンライン通信講座受講者用ページ」から教材が使用できます。


オンライン通信講座受講者用ページスポンサードリンク
posted by cominica at 11:20 | Comment(0) | ■---GRADE23---■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする