2009年06月03日

GRADE-24 C O N T E N T S


[総合的な解説]

動詞を名詞のように使うととても便利です。この用法を文法では動名詞といいます。
動詞を名詞として使うには、動詞を〜ing 形にします。

  (動詞)------>〜ing 形 (動名詞)

原形動詞フレーズを名詞のように使う(不定詞の名詞的用法)は、すでに登場しました。

  to drive a car
  車を運転すること
  I want to drive a car.
  私は(これから)車を運転したい

一方、「車を運転しながらのこと」といったように、継続的な動きを持った行為をひとまとまりに表現するのが、〜ing形動詞フレーズを名詞のように使う用法です。これを動名詞と言います。

  driving a car
  車を運転しながらのこと
  I like driving a car.
  私は車を運転をするのが好きです

※ 動詞を〜ing形にする方法は、進行形の文に使われる〜ing形の動詞と同じです。

  driving a car
  車を運転しながら
  I am driving a car.
  私は(今)、車を運転をしています

  ┌────────────────┐
   ワンポイントアドバイス
  └────────────────┘

行為や状態はひとまとまりのもの
ファンクションメソッドでは次のように動詞が副詞(fast)を伴ったり、名詞(目的語)=(English)を伴ったものもひとまとまりの行為としてとらえます。
これが英語の発想です。

  run fast(速く走る)---------> running fast(速く走ること)
  speak English(英語を話す)---> speaking English(英語を話すこと)

--------------------------------
クリックしてください。
「英語の九九英会話発想トレーニング」教材 GRADE-24のC O N T E N T Sのサンプルがご覧になれます。

 GRADE-24 C O N T E N T S  

--------------------------------
受講者の方は,「オンライン通信講座受講者用ページ」から教材が使用できます。


オンライン通信講座受講者用ページスポンサードリンク
posted by cominica at 11:29 | Comment(0) | ■---GRADE24---■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする