2009年03月16日

私は、(今まで)北海道に行ったことがありません


このブログの記事の元になっている「英語の九九英会話発想トレーニング」の人気の秘密について述べます。

これは前回の疑問表現の続き、否定表現です。

それはこの教材に一貫して流れているのが「行為や状態はひとまとまりのものだ」という発想です。

例えば、go to Hokkaidoといった動詞フレーズは誰もが知っています。
しかしこのフレーズを利用してどれだけ英文を生産できますか。

しかし日本の教育文法はgoの変化ばかりを教えています。

go, goes, went, am[are,is] going, have[has] gone

これではどこまで行っても「北海道に行く」というイメージは定着・蓄積しないのは当たり前です。

この教材は、ファンクションメソッドによって製作されています。
それはファンクションフレーズと動詞フレーズを別個のもととらえるメソッドです。

[1] 私は、(ふだん)北海道に行きません。
  I don't go to Hokkaido.

[2] 私は、北海道に行きませんてした。
  I didn't go to Hokkaido.

[3] 私は、(これから)北海道に行きません、行くつもりはない
  I won't go to Hokkaido.

[4] 私は、(今まで)北海道に行ったことがありません
  I have never gone[been] to Hokkaido.

以上は、youを主語にした、現在形、過去形、未来形、現在完了形という英語の4つの基本時制の英作です。

またそればかりではありません。

[1] あなたは、北海道に行く必要はありません
  You need not go to Hokkaido.

[2] あなたは、北海道に行くべきではないです
  You should not go to Hokkaido.

[3] あなたは、北海道に行かない方がいい
  You had better not go to Hokkaido.

[1] 私は、北海道に行くつもりはありません
  I am not going to go to Hokkaido.

[2] 私は、北海道に行く必要はありません
  I do't have to go to Hokkaido.

[3] 私は、北海道に行きたくない
  I don't want to go to Hokkaido.

この枠組みを身につけると、do the shopping(買い物をする)、do the gardening(ガーデニングをする), do the cleaning(掃除をする), take a walk(散歩をする)、take a rest(休憩する)といった動詞フレーズも簡単に表現展開てできることになります。

もちろん、「英語の九九英会話発想トレーニング」ではそれを順に学んでいきますが、その到達点は英語脳を身につけるということになります。

以上のことが、この教材の人気の秘密です。


スポンサードリンク
posted by cominica at 16:00 | Comment(0) | 英語脳の構築[英語の九九とは] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

日本語と英語の発想の違い


● これが英語の発想だ !

 日本語と英語の発想の違いを汽車にたとえて説明しよう。

英語の発想では、主体(主語)と情緒的な意思は機関車であり、行為や状態を表す部分は客車だ。つまり、英語では、機関車だけでその主体と情緒的な意思を宣言してしまい、客観的な行為や状態を表す客車部分は機関車と切り離されている。これが英語の発想だ。

 一方日本語の発想では、機関車そのものが分離されていて、先頭の機関車は主体(主語)で、情緒や意思を表す部分は最後部におかれる。いわば二重連の機関車が引っ張っているようなものだ。したがって日本語では、最後まで聞かなければ、「〜しなければならない」とか「〜はしてはいけない」といったことはわからないことになる。また、動詞と目的語の語順も異なる。

[英語の発想]
    [機関車]       [客車]
  主体+情緒的な意思   +  行為

  I   will      help you
  (私は〜するつもりです) (あなたを手伝う)

[日本語の発想]
    [機関車] [客車]    [機関車]

  主体  +  行為   +  情緒的な意思
  私は あなたを手伝う    つもりです
  (I )  (you help)    will

 英語の発想では、機関車の部分に主語と意思、情緒、時などを表すフレーズがきて、これによって次に連結される客車。つまり動詞フレーズを意味的に限定してしまう。

 この機関車の部分(日本語における主語と情緒的な意思を宣言する意味ある単位)を「ファンクションフレーズ」、それに続く客車の部分を「動詞フレーズ」と私は呼んでいる。

スポンサードリンク
posted by cominica at 14:01 | Comment(0) | 英語脳の構築[英語の九九とは] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

彼女は滅入っています



前回の記事の続きです。
まず、以下のテーブルをご覧ください。

テーブルbe動詞 現在形
table-1 

これらの表は、残念ながら「英語の九九 英会話発想トレーニング」」には載っていません。
しかし、これがbe動詞の文のすべての現在と過去におけるファンクションフレーズ(人主語)であり、この教材を製作するに当たってその要となっているものです。

以下にあげたのはbe動詞系列の文です。
今回は、その肯定形のものをあげました。このテープルの[GROUP-A]にあげたファンクションフレーズです。
例文はShe isとなっていますが、他のI amやYou areなどもぜひ試してください。

ここで注意していただきたいのは、主語が複数であるweとtheyのものです。基本的に主語が複数になると補語も複数になりますが、これが当てはまるのは(2)の be動詞+名詞だけであることを知っておいてください。
学校時代に、こればかりをやらされた体験があると思いますが、これはあくまでも例外なのです。
例外ばかりを強調して教える、これが我が国の英語教育の悪いところですね。

【beの動詞フレーズのパターン(すべてV←C感覚)】
(現在形のもの)
 (1) be動詞+形容詞
   She is pretty.
   彼女は可愛い

 (2) be動詞+名詞
   She is a pretty girl.
   彼女は可愛い(女の子だ)
   They are pretty girls.
   彼女は可愛い(女の子たちだ)

 (3) be動詞+方位副詞
   She is down.
   彼女は滅入っています

  ☆There is~, Here is~
   There is a cheap hotel.
   安いホテルがあります

   Here I am!
   さあ着いた、 ただいま

 (4) be動詞+前置詞+名詞
   She is in trouble.
   彼女は困っている

 ★以下は、が3つの動詞フレーズが補語となるもの

 (5) be動詞+to+原形動詞フレーズ
   She is (going) to get married.
   彼女は結婚する予定です

 (6) be動詞+~ing形動詞フレーズ(現在進行形)
   She is always having a date with him.
   彼女はいつも彼とデートをしている

 (7) be動詞+~ed形動詞フレーズ(現在受身形)
   She is dressed in her best.
   彼女は晴れ着を着ている

 (8) be動詞+being +~ed形動詞フレーズ(現在受身進行形) 高校で学習
   He is being bitten by a girl.
   彼は女の子に噛まれている

(過去形のもの)
テーブルbe動詞 過去形
table-2

 (1) be動詞+形容詞
   She was pretty.
   彼女は可愛かった

 (2) be動詞+名詞
   She was a pretty girl.
   彼女は可愛い(女の子)でした
   They were pretty girls.
   彼女は可愛い(女の子たち)でした

 (3) be動詞+方位副詞
   She was down.
   彼女は滅入っていました

  ☆There is~, Here is~
   There was a cheap hotel.
   安いホテルがありました

 (4) be動詞+前置詞+名詞
   She was in trouble.
   彼女は困っていた

 ★以下は、が3つの動詞フレーズが補語となるもの

 (5) be動詞+to+原形動詞フレーズ
   She was (going) to get married.
   彼女は結婚する予定でした

 (6) be動詞+~ing形動詞フレーズ(現在進行形)
   She was always having a date with him.
   彼女はいつも彼とデートばかりしていた

 (7) be動詞+~ed形動詞フレーズ(現在受身形)
   She was dressed in her best.
   彼女は晴れ着を着ていた

 (8) be動詞+being +~ed形動詞フレーズ(現在受身進行形) 高校で学習
   He was being bitten by a girl.
   彼は女の子に噛まれていた

「コミニカ中学英語基礎編>」は、以上のようにファンクションフレーズと動詞フレーズを別個にとらえる英作法です。
たがら、ファンクションフレーズも動詞フレーズも確実に覚えることができるのです。


英語の九九 英会話発想トレーニング
社会人初級者のための発想トレーニングとなっています。
HTML版又はPDF版CD-ROM 2枚(約540分の音声付き)

このブログのオンライン講座受講生について
 「英語の九九 英会話発想トレーニング」を購入された方は自動的にオンライン講座受講生として学習をしていただけます

「コミニカ中学英語基礎編」は1989年に、ある東京の出版社(一光社)から発売され、その後ロングセラーを続けている「コミニカ英語教材<基礎編>」に、その後の研究成果を踏まえ、今回全面改訂をしたものです。
英語教材で、初めての「読み・書く・話す・聞く」の「反復学習」が可能です。
PDF版CD-ROM 4枚、AudioCD17枚(約850分の音声付き)

  コミニカ中学英語<基礎編>
スポンサードリンク
posted by cominica at 14:15 | Comment(0) | 英語脳の構築[英語の九九とは] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

彼女は結婚する予定ではなかった


前回の記事の続きです。
まず、以下のテーブルをご覧ください。

テーブルbe動詞 現在形
table-1 

これらの表は、残念ながら「英語の九九 英会話発想トレーニング」には載っていません。
しかし、これがbe動詞の文のすべての現在と過去におけるファンクションフレーズ(人主語)であり、この教材を製作するに当たってその要となっているものです。

以下にあげたのはbe動詞系列の文です。
今回は、その否定形のものをあげました。このテープルの[GROUP-B]にあげたファンクションフレーズです。
例文はShe isとなっていますが、他のI amやYou areなどもぜひ試してください。

ここで注意していただきたいのは、主語が複数であるweとtheyのものです。基本的に主語が複数になると補語も複数になりますが、これが当てはまるのは(2)の be動詞+名詞だけであることを知っておいてください。
学校時代に、こればかりをやらされた体験があると思いますが、これはあくまでも例外なのです。
例外ばかりを強調して教える、これが我が国の英語教育の悪いところですね。

【beの動詞フレーズのパターン(すべてV←C感覚)】
(現在形のもの)
 (1) be動詞+形容詞
   She isn't pretty.
   彼女は可愛くない

 (2) be動詞+名詞
   She isn't a pretty girl.
   彼女は可愛い女の子でない
   They aren't pretty girls.
   彼女は可愛い女の子たちではない
  ※このパターンは日本語の発想にないものが多いです。
 これについてはいずれ述べます。

 (3) be動詞+方位副詞
   She isn't down.
   彼女は滅入っていません

  ☆There is~, Here is~
   There isn't a cheap hotel.
   安いホテルはありません

 (4) be動詞+前置詞+名詞
   She isn't in trouble.
   彼女は困っていません

 ★以下は、が3つの動詞フレーズが補語となるもの

 (5) be動詞+to+原形動詞フレーズ
   She isn't (going) to get married.
   彼女は結婚する予定はない

 (6) be動詞+~ing形動詞フレーズ(現在進行形)
   She isn't always having a date with him.
   彼女はいつも彼とデートをしているのではない

 (7) be動詞+~ed形動詞フレーズ(現在受身形)
   She isn't dressed in her best.
   彼女は晴れ着を着ていない

 (8) be動詞+being +~ed形動詞フレーズ(現在受身進行形) 高校で学習
   He isn't being bitten by a girl.
   彼は女の子に噛まれていない

(過去形のもの)
テーブルbe動詞 過去形
table-2

 (1) be動詞+形容詞
   She wasn't pretty.
   彼女は可愛くなかった

 (2) be動詞+名詞
   She wasn't a pretty girl.
   彼女は可愛い女の子ではなかった
   They weren't pretty girls.
   彼女は可愛い女の子たちではなかった

 (3) be動詞+方位副詞
   She wasn't down.
   彼女は滅入っていなかった

  ☆There is~, Here is~
   There wasn't a cheap hotel.
   安いホテルはなかった

 (4) be動詞+前置詞+名詞
   She wasn't in trouble.
   彼女は困っていなかった

 ★以下は、が3つの動詞フレーズが補語となるもの

 (5) be動詞+to+原形動詞フレーズ
   She wasn't (going) to get married.
   彼女は結婚する予定ではなかった

 (6) be動詞+~ing形動詞フレーズ(現在進行形)
   She wasn't always having a date with him.
   彼女はいつも彼とデートばかりしていたのではなかった

 (7) be動詞+~ed形動詞フレーズ(現在受身形)
   She wasn't dressed in her best.
   彼女は晴れ着を着ていなかった

 (8) be動詞+being +~ed形動詞フレーズ(現在受身進行形) 高校で学習
   He wasn't being bitten by a girl.
   彼は女の子に噛まれていなかった

どうですか。isn'tやwasn'tになっても補語の部分はまったく同じですね。
この中には、be going toも進行形、受身形。あるいは高校で学ぶ受身進行形も含まれています。

一方、教育文法やNHKの英語講座も、あるいは市販の英会話ものの本も「判で押したように」、「be going to+動詞の原形」、進行形は{be+現在分詞」、受身形は「be+過去分詞」などと教えています。
私に言わせたら、「これでは英語が話せる訳はない」ということです。

この「英語の九九 英会話発想トレーニング」の元の教材である「コミニカ中学英語基礎編>」でそだった生徒たちがいちも簡単に、あるいはストレスもなく進行形や受身形をこなし、なおかつ英語が話せるようになるのは、こんな簡単な英語のしくみを身につけることができるからです。
これが英語脳の構築ということです。


英語の九九 英会話発想トレーニング
社会人初級者のための発想トレーニングとなっています。
HTML版又はPDF版CD-ROM 2枚(約540分の音声付き)

このブログのオンライン講座受講生について
 「英語の九九 英会話発想トレーニング」を購入された方は自動的にオンライン講座受講生として学習をしていただけます

「コミニカ中学英語基礎編」は1989年に、ある東京の出版社(一光社)から発売され、その後ロングセラーを続けている「コミニカ英語教材<基礎編>」に、その後の研究成果を踏まえ、今回全面改訂をしたものです。
英語教材で、初めての「読み・書く・話す・聞く」の「反復学習」が可能です。
PDF版CD-ROM 4枚、AudioCD17枚(約850分の音声付き)

  コミニカ中学英語<基礎編>
スポンサードリンク
posted by cominica at 14:30 | Comment(0) | 英語脳の構築[英語の九九とは] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

彼は女の子に噛まれていたの?


前回の記事の続きです。
まず、以下のテーブルをご覧ください。

テーブルbe動詞 現在形
table-1 

これらの表は、残念ながら「コミニカ英語教材(基礎編)」には載っていません。
しかし、これがbe動詞の文のすべての現在と過去におけるファンクションフレーズ(人主語)であり、この教材を製作するに当たってその要となっているものです。

以下にあげたのはbe動詞系列の文です。
今回は、その疑問形のものをあげました。このテープルの[GROUP-C]にあげたファンクションフレーズです。
例文は主語をIs sheなどとなっていますが、他のAm IやAre youなどもぜひ試してください。
ただし、Am IやAre we、Was IやWere weは機械的に使えないことに注意してください。
また、heなどを使う場合は、handsomeやa handsome boyなどにしてください。

ここで注意していただきたいのは、主語が複数であるweとtheyのものです。基本的に主語が複数になると補語も複数になりますが、これが当てはまるのは(2)の be動詞+名詞だけであることを知っておいてください。
学校時代に、こればかりをやらされた体験があると思いますが、これはあくまでも例外なのです。
例外ばかりを強調して教える、これが我が国の英語教育の悪いところですね。

【beの動詞フレーズのパターン(すべてV←C感覚)】
(現在形のもの)
 (1) be動詞+形容詞
   Is she pretty?
   彼女は可愛いいの?
   Am I pretty?
   私って、可愛いい?

 (2) be動詞+名詞
   Is she a pretty girl?
   彼女は可愛い女の子なの?
   Are they pretty girls?
   彼女たちは可愛い女の子なの?

   Am I a pretty girl?
   私って、可愛い女の子なの?
   Are we pretty girls?
   私たちって、可愛い女の子たちなの?

 (3) be動詞+方位副詞
   Is she down?
   彼女は滅入ってるの?

  ☆There is~, Here is~
   Is there a cheap hotel?
   安いホテルはあるの?

 (4) be動詞+前置詞+名詞
   Is she in trouble?
   彼女は困ってるの?

 ★以下は、が3つの動詞フレーズが補語となるもの

 (5) be動詞+to+原形動詞フレーズ
   Is she (going) to get married?
   彼女は結婚する予定なの?

 (6) be動詞+~ing形動詞フレーズ(現在進行形)
   Is she always having a date with him?
   彼女はいつも彼とデートばかりしてるの?

 (7) be動詞+~ed形動詞フレーズ(現在受身形)
   Is she dressed in her best?
   彼女は晴れ着を着てるの?

 (8) be動詞+being +~ed形動詞フレーズ(現在受身進行形) 高校で学習
   Is he being bitten by a girl.
   彼は女の子に噛まれてるの?

(過去形のもの)
テーブルbe動詞 過去形
table-2

 (1) be動詞+形容詞
   Was she pretty?
   彼女は可愛いかったの?
   Was I pretty?
   私って、可愛いかったの?

 (2) be動詞+名詞
   Was she a pretty girl?
   彼女は可愛い女の子だったの?
   Were they pretty girls?
   彼女たちは可愛い女の子たちだったの?
   Was I a pretty girl?
   私って、可愛い女の子だったの?
   Were we pretty girls?
   私たちって、可愛い女の子たちだったの?

 (3) be動詞+方位副詞
   Was she down?
   彼女は滅入っていたの?

  ☆There is~, Here is~
   Was there a cheap hotel?
   安いホテルはあったの?

 (4) be動詞+前置詞+名詞
   Was she in trouble?
   彼女は困っていたの?

 ★以下は、3つの動詞フレーズが補語となるもの

 (5) be動詞+to+原形動詞フレーズ
   Was she (going) to get married?
   彼女は結婚する予定だったの?

 (6) be動詞+~ing形動詞フレーズ(現在進行形)
   Was she always having a date with him?
   彼女はいつも彼とデートばかりしていたの?

 (7) be動詞+~ed形動詞フレーズ(現在受身形)
   Was she dressed in her best?
   彼女は晴れ着を着てたの?

 (8) be動詞+being +~ed形動詞フレーズ(現在受身進行形) 高校で学習
   Was he being bitten by a girl?
   彼は女の子に噛まれていたの?

どうですか。Is sheやwas sheになっても補語の部分はまったく同じですね。
この中には、be going toも進行形、受身形。あるいは高校で学ぶ受身進行形も含まれています。

一方、教育文法やNHKの英語講座も、あるいは市販の英会話ものの本も「判で押したように」、「be going to+動詞の原形」、進行形は{be+現在分詞」、受身形は「be+過去分詞」などと教えています。
私に言わせたら、「これでは英語が話せる訳はない」ということです。


英語の九九 英会話発想トレーニング
社会人初級者のための発想トレーニングとなっています。
HTML版又はPDF版CD-ROM 2枚(約540分の音声付き)

このブログのオンライン講座受講生について
 「英語の九九 英会話発想トレーニング」を購入された方は自動的にオンライン講座受講生として学習をしていただけます

「コミニカ中学英語基礎編」は1989年に、ある東京の出版社(一光社)から発売され、その後ロングセラーを続けている「コミニカ英語教材<基礎編>」に、その後の研究成果を踏まえ、今回全面改訂をしたものです。
英語教材で、初めての「読み・書く・話す・聞く」の「反復学習」が可能です。
PDF版CD-ROM 4枚、AudioCD17枚(約850分の音声付き)

  コミニカ中学英語<基礎編>
スポンサードリンク
posted by cominica at 16:36 | Comment(0) | 英語脳の構築[英語の九九とは] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする